下部消化管グループ

大腸肛門疾患を担当します。大腸癌が増加する昨今、手術件数が年々増えて来ております。主な治療内容を列記します。

大腸癌

早期癌あるいは小さい進行癌に対する腹腔鏡補助下手術

早期直腸癌に対する経肛門的縮小手術(TEM:Transanal endoscopic microsurgery )

下部直腸癌に対する機能温存手術:括約筋温存手術、自律神経温存手術

再発・進行大腸癌に対する治療 :仙骨合併切除を含む骨盤内臓全摘術などの拡大手術・術前術後化学療法

転移大腸癌に対する治療:肝転移に対する動注化学療法、肝転移、肺転移に関する手術療法・化学療法

炎症性腸疾患

潰瘍性大腸炎:(腹腔鏡補助下)大腸全摘術、回腸嚢肛門吻合術

クローン病:狭窄解除術、瘻孔に対する手術

結腸憩室炎:(腹腔鏡補助下)結腸切除術

肛門疾患

痔核の薬物および手術療法、痔瘻根治手術、直腸脱根治手術、排便困難に対する薬物および手術療法、大腸および直腸肛門機能不全に対する治療。

大腸肛門の機能温存・回復を目指し、様々な方向から検査・治療を熟考し加療しております。

追記:

大腸癌は消化管癌の中ではたちの良い癌ですが、進行するまで症状が有りません。症状が出た時は進行しており、場合によっては命を落とす事も有ります。

命を守る為には早期発見・早期治療が大切です。それには症状がなくても検査を受けなければなりません。一番簡単な検査は便を提出するだけでできる、便潜血反応検査です。これが陽性であれば内視鏡検査を受けましょう。