後期臨床研修希望者へのご案内

後期外科専門研修のご案内

琉球大学第一外科では特色ある6コースの後期外科専門研修プログラムにより、外科の専門修練を行ないます。基礎修練で外科専門医(認定医)、それに続く専門修練で消化器外科専門医、乳腺専門医、小児外科専門医のサブスペシャルティーを取得し、その後は個人の希望に基づいて自由に進路を選択出来ます。

自由選択では第一外科が担当している消化器・一般外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、第二外科が担当している心臓・血管外科、呼吸器外科の中から希望に基づいて研修分野、研修期間を原則として自由に設定出来ます。

大学院を含むコースでは学位を取得出来ます。図では消化器外科専門修練の場合を示してあります。

後期外科専門研修プログラムの概要

後期外科専門研修プログラムの概要

後期外科専門研修とその後の進路の例

Specialist – specific courseを選択した場合

後期外科専門研修とその後の進路の例:Specialist - specific courseを選択した場合

Academic specialist courseを選択した場合

後期外科専門研修とその後の進路の例:Academic specialist courseを選択した場合

  • 関連施設の選択は個人の希望を考慮して医局総会で民主的に決定している
  • 大学病院、大学院、関連施設のローテート時期は柔軟に設定可能
  • 後期修練後のコースは個人の希望に基づく自由設定
  • Specialist – specific courseを選択した場合でも、サブスペシャルティー取得後に大学院進学、海外留学などを選択する事もできる

研修・修練コースの概略

研修・修練コースの概略