RyuCOS(Ryukyu University Comprehensive Surgery Program)専門研修プログラム/琉球大学外科専門研修プログラム

RyuCOS専門研修プログラム(案)(PDF)

日本専門医機構及び日本外科学会より新外科専門医制度が発足され,平成30(2018)年4月からの新制度による専門医研修開始に向けて調整が行われております.それに伴い,琉球大学医学部附属病院では外科専門研修プログラム(RyuCOS)を開始します.対象は、平成27年度国家試験合格者からになります。なお,外科専門医取得後のサブスペシャリティを決めている場合は各科へ入局することをお勧めしますが、入局が必須ではありません。

本研修プログラムでは琉球大学医学部附属病院を基幹施設とし、地域の連携施設とともに病院施設群を構成してします。専攻医はこれらの施設群をローテートすることにより、多彩で偏りのない充実した研修を行うことが可能となります。これは専攻医が専門医取得に必要な経験を積むことに大変有効です。大学だけの研修では稀な疾患や治療困難例が中心となりcommon diseasesの経験が不十分となります。この点、地域の連携病院で多彩な症例を多数経験することで医師としての基本的な力を獲得します。このような理由から施設群内の複数の施設で研修を行うことが非常に大切です。RyuCOS外科研修プログラムのどのコースに進んでも指導内容や経験症例数に不公平が無いように十分配慮します。

施設群における研修の順序、期間等については、専攻医数や個々の専攻医の希望と研修進捗状況、各病院の状況、地域の医療体制を勘案して、RyuCOS外科専門研修プログラム管理委員会が決定します。

●外科専門研修について

外科専門医は初期臨床研修修了後、3年の専門研修で育成されます。

  • 3年間の専門研修期間中、基幹施設または連携施設で最低6カ月以上の研修を行います。
  • 専門研修の3年間の1年目、2年目、3年目には、それぞれ医師に求められる基本的診療能力・態度(コアコンピテンシー)と外科専門研修プログラム整備基準にもとづいた外科専門医に求められる知識・技術の習得目標を設定し、その年度の終わりに達成度を評価して、基本から応用へ、さらに専門医としての実力をつけていくように配慮します。具体的な評価方法は後の項目で示します。
  • 基本領域専門研修からサブスペシャルティ専門研修に続く研修の連続性は必須で、基本領域研修が確実に達成できる見込みであることを条件に、専攻医は基本研修期間内においても希望サブスペシャルティ領域を重点的に研修することを可能とします。
  • サブスペシャルティ専門研修プログラムへの新規登録は、基本領域研修プログラム終了後に行うこととします。
  • 専門研修期間中に大学院へ進むことも可能です。大学院コースを選択して臨床に従事しながら臨床研究を進めるのであればその期間は専門研修期間として扱われます。

●下図にRyuCOSプログラムを示します。大きく3つのカリキュラムになります。

※Home Hospital 中心カリキュラムは,特定の病院をHomeとして研修し,大学病院を6か月研修するカリキュラムです.


  • 沖縄県のRyuCOS連携病院

  • 各施設の症例数(2016年度)

消化器 乳腺 呼吸器 心臓
大血管
末梢
血管
頭頚部 体表 小児
外科
鏡視下
手術
合計
琉球大学医学部附属病院 315 21 71 254 113 9 57 84 840
北部地区医師会病院 350 31 0 0 51 94 0 163 526
北部地区医師会附属病院 0 0 0 46 20 0 0 0 66
中頭病院 877 201 98 58 1395 8 70 588 2707
国立病院機構沖縄病院 14 0 154 0 0 12 0 73 180
浦添総合病院 756 127 120 42 26 28 0 417 1099
牧港中央病院 0 0 0 54 166 0 0 0 220
同仁病院 76 1 0 0 0 56 0 13 133
那覇市立病院 496 94 43 4 7 161 138 264 943
大浜第一病院 394 0 3 25 14 0 0 189 943
おもろまちメディカルセンター 137 5 6 0 29 36 0 70 213
沖縄赤十字病院 330 44 86 0 0 309 0 280 769
那覇西クリニック 0 333 0 0 0 0 0 0 333
沖縄協同病院 450 30 26 47 174 144 25 487 896
豊見城中央病院 702 63 101 148 177 51 0 343 1242
中部徳洲会病院 575 52 38 66 151 110 12 300 1004
ハートライフ病院 552 44 4 0 0 262 70 370 932
与那原中央病院 251 5 3 2 39 33 0 35 333
沖縄メディカル病院 0 0 0 0 0 74 0 0 74
南部徳洲会病院 293 5 29 55 63 175 4 132 624

県外施設:新潟市民病院,新潟県立がんセンター,新潟大学医歯学総合病院

●プログラム募集要項

募集人数 17人
選考方法 書類選考・面接
随時面接を実施いたします。
応募資格 医師免許を所有し、平成30年3月に2年間の卒後(初期)臨床研修を修了見込みの者、またはこれに相当すると判断される者
提出書類 1.申請書
  RyuCOS専門研修フロクラム申請書(Word)
  RyuCOS専門研修フロクラム申請書(PDF)
2.医師免許証のコピー
提出先 〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207
琉球大学医学部附属病院 第一外科(消化器・腫瘍外科学講座)
RyuCOSプログラム事務局
問い合わせ先 RyuCOSプログラム事務局担当者
TEL:098-895-1163,FAX:098-895-1421
E-mail  h-karimata@roy.hi-ho.ne.jp 又は r163geka@jim.u-ryukyu.ac.jp

・登録について(日本専門医機構より/2017/9/15時点)
① 新しい仕組みによる専攻医の登録は、初期臨床研修制度のマッチングとは異っています。
コンピューター上で、自動的に登録を確定するシステムではありません。プログラム統括責任者が希望者との間で決定することになっています。そのため、一つのプログラムしか登録できません。
② 登録を確定する前に、登録画面上のプログラム一覧から希望するプログラムを選び、あらかじめ希望者と希望する研修プログラム統括責任者(基幹施設の責任者)との間で連絡をとり、「登録希望」を伝え、研修内容や条件等について十分に理解を深め、調整を済ませたうえで、登録を行うことをお勧めします。研修希望者は、希望する各領域学会のホームページにアクセスし、各領域学会のホームページを窓口として、機構が作成した登録システムに入ることとなります。 システムに関する相談は、機構で対応します

●今後の日程について(日本専門医機構より/2018/10/19時点))
① 平成30 年10 月22 日~11 月21 日 一次登録
② 平成30 年11 月22 日~12 月6 日 登録確認期間
③ 平成30 年12月7 日~12 月20 日 採用期間
④ 平成30 年12 月22日~平成31 年1 月21 日 二次登録
⑤ 平成31 年1 月22 日~平成31 年2 月6 日 登録確認期間
⑥ 平成31 年2 月7 日~平成31 年2 月20 日 採用期間
二次登録終了後も、研修先の決まらない場合に引き続き空きのあるプログラム統括責任者に直接連絡をとり研修先を決定する.下記の期間中は,随時,登録・採否の決定まで行う.
⑦ 平成31 年2 月22 日~平成31 年3 月15 日 登録・採用期間
※随時変更があると思いますので、日本専門医機構および日本外科学会のホームページを確認してください。

なお,御質問・御相談などございましたら,下記のRyuCOSプログラム事務局担当者まで御連絡ください.

●問い合わせ先
〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原
  琉球大学医学部附属病院 第一外科(消化器・腫瘍外科学講座)
  RyuCOSプログラム事務局担当者
  TEL:098-895-1163
  FAX:098-895-1421
E-mail  h-karimata@roy.hi-ho.ne.jp

※公開されている情報は一次審査を通過した時点のものであり、二次審査の結果を踏まえて修正・変更が生じる場合がありますのでご了承ください.

-->