上部消化管グループ

食道癌の治療を受ける方々へ

食道癌の代表的な治療としては、手術・化学放射線治療・内視鏡治療があります。

  1. 手術(リンパ節を含めて、食道を切除し、胃や腸を使って再建します。)
  2. 化学放射線治療(抗癌剤を使いながら、放射線による治療を行います。)
  3. 内視鏡的治療(胃カメラを使って、食道の内側から、癌を切り取ります。早期の癌が適応となります。)

第一外科では、光学診療部放射線科と協力して患者様の体や病気の状態、また希望に応じて、手術・化学放射線治療・内視鏡治療を行っております。

食道癌の治療は、食道癌手術の体に与えるダメージが大きいことより、病気の進行度に応じた治療を選択することが大切です。

また最近、化学放射線治療も手術に迫る成績が報告されてきており、治療選択肢の多い癌といえます。しかしながら、食道癌は発見された段階で進行していることも多く、手術単独では治療が困難な場合もあります。当科では、手術に抗癌剤治療や化学放射線治療を組み合わせた集学的治療にも積極的に取り組んでおります。

胃癌の治療を受ける方々へ

胃癌の代表的な治療としては、

  1. 手術(周囲リンパ節を含めて、胃を切除します)
  2. 内視鏡的治療(胃カメラを使って胃の内側から、癌を切り取ります。早期の癌が適応となります。)

第一外科では、光学診療部と協力して(1)、(2)の治療を患者様の体や病気の具合に応じて行っております。

日本における胃癌の治療法は、日本胃癌学会でガイドラインが作成されており、全国でほぼ一定水準の治療が受けられる様になっておりますが、当科における胃癌治療の特徴といたしましては、早期胃癌に対して手術を施行する際は、腹腔鏡手術を導入して低侵襲治療を行っております。また進行胃癌に対しては、術前化学療法を積極的に導入し,予後の改善に努めております.特にStageIII以上の症例に対しては,3剤併用療法を行うことで良好な結果を得ております.

胃の病変に対して積極的に腹腔鏡補助下の胃手術を行っております。
早期胃癌に対しては平成20年度から腹腔鏡下胃切除を行っております。また,食道裂孔ヘルニア,アカラシアなどの良性疾患に対しても腹腔鏡下手術を行っております.これまでに腹腔鏡下幽門側胃切除,腹腔鏡下噴門側胃切除,腹腔鏡下胃全摘,腹腔鏡下胃部分切除など100例以上の腹腔鏡下胃手術を行っております.