消化器・腫瘍外科(第一外科)のホームページにアクセスしてくれてありがとうございます。 このページをご覧になっているということは、外科という仕事に興味をもってくれている、ということですね。とても嬉しく思います。当教室を簡単に紹介します。

消化器・腫瘍外科(第一外科)について

 プロフェッショナルの集団で、みんな明るく、仲がよい医局です。近年、大学の外科講座も細分化されることが多いですが、当講座はいわゆる一般外科の教室で、今も消化器外科・乳腺内分泌外科・小児外科と広い領域をカバーしています。これは、沖縄という土地で外科医としてやっていくうえで、大きなメリットがあります。

 琉球大学病院は県内唯一の特定機能病院であり、高度医療を提供する義務がありますので高い専門性が求められるわけですが、一方で島嶼県として有機的に横のつながりをもちながら広い視野で物事に対応せねばなりません。つまり、“広く深い”知識と技術を身につける必要があります。そのために教室では全体でカンファレンスを行い手術適応と術後の振り返り、また抄読会などの学術的な面も含めて専門的なところはより深く、それ以外のところも横断的に広く情報を共有できるようにしています。結果的に、小さいながらも全国の外科医と十分対抗できる教室であると自負しています。

人材育成について

 大学として最も重要視している点です。専攻医プログラムとしては『RyuCOS』の基幹病院であり、責任をもって期限内に外科専門医の資格を取得してもらいます。外科医としては、①きちんと手術ができること、②患者さんに信頼されること、③自分で考えること、ができる医師になってもらうことを目標に指導しています。手術はうまくなければなりません。患者さんはみんな「うまい外科医」に手術してほしいに決まっているからです。そのために、きちんと指導する資格を持ち、「教え好き」な指導医が揃っています。

 病院には『おきなわクリニカルシミュレーションセンター』が併設され、シミュレーション教育も充実しています。ちなみに、手先の器用さは全く関係ありません。車の運転は誰でもできますよね?それと同じで、手術は誰でもできるように工夫されたものであり、一部のスーパーマンだけのものでは全くありません。特に近年は若手外科医育成のためにどんどんチャンスを与えるようにしています。心配せずに飛び込んでもらって大丈夫です。

高度医療について

 琉球大学病院は県内唯一の特定機能病院であり、高度医療の提供は義務です。癌の手術の内鏡下手術などはすでに最先端のことをバリバリやっていますが(胸腔鏡下食道手術、腹腔鏡下胃切除・大腸切除・肝胆膵外科手術などなど)、ロボット手術や臓器移植もどんどんやっていく予定です。臓器移植については生体肝移植をすでに開始していますが、iPS細胞に代表される再生医療も、臓器移植に代わる治療として視野に入れています。腹部を超えて心臓などに及んだ高度進行癌なども、大学病院であれば心臓血管外科と協力して手術を行うことができます。小児外科や乳腺内分泌外科も常に最先端を意識し、十分な技術をもって「沖縄で完結」をめざしています。

情報発信について

 もしかして、「外科医は手術だけやっていればよい」と思っていませんか?確かにそれが最も大事ですし、別にそれでも良いですが、目の前の患者さんを救ったら、もっと先の何千何億という患者も救う気概をもってほしいです。珍しい症例に出会ったり、難しい手術を考えてうまくいったりしたら、すぐに論文にして日本のみならず世界の医師たちに教えてあげましょう。同じ恩恵を受ける患者さんが必ずたくさんいます。論文の書き方や学会発表の方法も、しっかりと指導しますのでご心配なく。何より、自分の書いた論文が活字になって雑誌やインターネットに掲載され「永遠に残る」快感を、ぜひ味わってもらいたいと思います。

女性外科医を目指す方へ

 TVドラマでも最近女性外科医が活躍する場面が多くあり、とても嬉しく思っています。実は外科は女性向きの職業なんですが、「体力的にきつく拘束されやすい」、という誤解、というか以前は現実であったので、敬遠されてきたと思います。今や女性の社会進出とともに環境整備は格段に進み、小さい医局である当科ですら、女性外科医たちが活躍しています。心配なことがあればなんでも相談してくれてかまいませんので、興味があればまずはご連絡ください。

おわりに

 どれだけ医療が進歩しAIが発展しても、外科がなくなることは絶対にありません。むしろ、外科医の“手”が最後の最も重要な部分を担当する状況が当分続くのは間違いありません。照りつける太陽、美しい海、そして何より素晴らしい人々。沖縄の素晴らしい環境で、一緒に自分の手で患者さんを治しませんか。沖縄は本邦で唯一人口が増え続けている県であり、活気にあふれています。特に琉球大は国公立大の中で最も新しい施設であり、一緒に歴史を作るワクワク感があります。

ぜひ仲間になってくれることを待っています。

関連ページ